> カードローンでよく聞く総量規制とは?

カードローンでよく聞く総量規制とは?

カードローンを行う上で総量規制という言葉をよく耳にします。
安全にかつ確実にローンを行うためにも
この言葉について簡単に説明していきます。

この言葉をよく知らない人は多いと思いますが、
総量規制とは融資を受ける、
つまりお金を借り入れる際に決められたルールです。
大きく分けて2つのルールに分類されるので
それぞれについて紹介していきましょう。

借り入れ額が年収の3分の1までに制限される

まず1つ目のルールは借り入れ限度額が設定されています。
このルールでは融資を受ける際には
年収の3分の1以下までしか受けられません。

たとえば、年収300万円の人では
融資は100万円までしか受けることができないのです。
注意しなければならない点は、これがすべての
金融機関からの借り入れの合計額だということです。

収入証明書の提示

2つ目のルールは、金融機関から借り入れをする際に
もし50万円以上借りる場合は、
収入証明書を提示しなければならないというルールです。
50万円以下の場合でも借り入れ額の合計が
100万円を超える場合は提示する義務が生じます。

このルールは借金返済に苦しまないようにと作られたルールで、
過去に利息を払うことすらできず自己破産する人まで
出てきたため作られたルールで、債務者のためのルールです。

しかし銀行カードローン、またその系列にある銀行系カードローンは
このルールの対象外となっています。
したがってこれらのカードローンを使うことで
上記のルールは無視できるので多額の融資も可能となります。
お金の借りすぎには気を付けてカードローンを利用しましょう。